スーパーウォールの快適性能

高気密・高断熱の家って
どれも同じだと思っていませんか?

近年では、高気密・高断熱の家という言葉をよく耳にされると思います。日本の住宅の省エネ化にともない、あたりまえになりつつあります。しかし、具体的な性能となるとまちまちで、どれも同じではありません。フォレストホームのスーパーウオール工法は、その中でも高水準の性能を追求した住宅工法。これからは、性能値まで確認したうえで、高気密・高断熱を評価することが大切だと思います。

すぐれた高気密・高断熱が
快適性を高めるポイントです。

フォレストホームの家で特徴的なのが、部屋間の温度差が小さいという快適性。たとえば、居室とトイレの温度差も熱画像比較でわかるとおりごくわずか。ヒートショックの心配も少なく安心です。

魔法瓶のような保温力もフォレストホームの魅力。すぐれた高気密・高断熱により、外気温に影響されにくく、頭から足元まで温度差の少ない、快適な室内環境を実現することができます。

壁面温度熱画像による部屋の上下温度差の比較:実在住宅測定例(赤系ほど温度が高く、青系ほど温度が低いことを示します)

フォレストホームは
一邸一邸の性能を測定!

フォレストホームは、建物の気密性能を確認するために、一邸一邸の気密測定を実施します。その結果は、性能報告書として発行し、お客さまにお知らせしています。
実際の性能を確かめることができると安心ですね。

前の記事

建てる前の快適診断